『クックパッドアクセラレータ』デモデイを開催!スタートアップと共に料理にまつわる課題解決を目指す

クックパッドアクセラレータとは:
新しいテクノロジや想いを持つ「イノベーター(起業家・事業家)」と、日本最大の料理レシピサービス「クックパッド」、およびコーポレートアクセラレータで日本最多の実績を持つ「01Booster」の3者が共創し「地球のこれから」をつくる挑戦をするプログラム。「イノベーター」には、クックパッドの持つリソースやネットワークおよびオフィスやメンタリング等が提供される。

プログラム期間中は様々な支援を提供、うち2社はクックパッドオフィス内に入居、メンターとの連携を強化

プログラム期間中は、ビジネスプラン実現に向けて、採択企業とクックパッドが共同で様々な施策を行いました。また、支援の一環としてクックパッドオフィス内に無償で入居できる「アントレプレナー・イン・レジデンス」制度を設け、採択企業の社員と業務の範囲を超えて交流できる環境を作りました。アドウェル、ビビッドガーデンの2社は本制度を利用しプログラム期間中クックパッドオフィス内に滞在、より幅広いナレッジ共有や密な連携が可能になりました。

期間中の成果として、各提供サービスとクックパッドの連携、イベント開催、リアル店舗でのテストマーケティングなど様々な施策が実現し、正式サービス化された施策も出てきました。

デモデイは通過点、プログラム期間終了後も採択企業との連携を強化

デモデイにはクックパッドと取引のある食品・飲料メーカーを始め、スタートアップとの接点を求める大企業を招待し、セミクローズド形式で実施しました。採択企業の成果発表を通じて可能性を感じてもらい、クックパッドも含めた3社での新たな事業創出を期待する狙いがあります。

プログラム期間終了後も、クックパッドと採択企業は料理に関する課題を共に解決していくため、引き続き協業の可能性を模索していきます。また、次期アクセラレータープログラムについても詳細が決まりましたら順次発表を行っていく予定です。

今後もクックパッドは「毎日の料理を楽しみにする」というミッションのもと、料理に関する課題解決を進めることで、料理が楽しみになるサービスを提供してまいります。

プログラム期間中の各社の取り組み内容と今後の活動イメージ

アドウェル株式会社

買い物履歴(ID-POSデータ)と連携して自動で栄養管理ができるヘルスケアサービス「SIRU+(シルタス)」を開発中

エーテンラボ株式会社

a10lab.com/
5人1組のチームで励まし合いながら習慣化を促進する三日坊主防止アプリ「みんチャレ」を運営

株式会社ビビッドガーデン

vivid-garden.co.jp/
生産者が生産物を直接販売できる産地直送便サービス「食べチョク」を運営

プランティオ株式会社

www.plantio.co.jp/
「みんなで楽しく育てるカルチャーを創る」をミッションに、シェアファーム「PLANTIO GO」やスマートプランター「PLANTIO HOME」を開発中

株式会社リンクアンドシェア

crowdfood.jp/
地方の食品メーカー・工場と、全国の流通・小売店をつなげる食品業界BtoB領域のプラットフォーム「クラウドフード」を運営

編集長OBK
「デモデイ」っていうのはビジネスアイデアのコンクールみたいなもの。発表会。「アクセラレータ」は事業に対してノウハウやリソースなどの肥料を投げ込んでくれるような存在。
no name
コンセプトがしっかりしてて、すごく素敵だなと感じたのですが、アクセラレータってなんのためにこういう機会を提供するんですか?
編集長OBK
wikiろう。

シードアクセラレーター

編集長OBK
投資家からしてみたら、「肥料あげたほうが収穫早められる」ってことだと思う。
no name
とはいえ、なんかかっこいいですよね、憧れがあります。