バンタン、オリジナルカフェを経営演習できる社会人向け「カフェ経営実践コース」を開講。女性のカフェ開業を応援

株式会社バンタン(本部:東京都渋谷区 代表取締役会長:石川広己)が運営する“食”のデザインスクール レコールバンタンは、株式会社アティックプランニング 取締役 五味美貴子氏を講師とする「カフェ経営実践コース」の2018年10月開講を決定。「カスタムアパートメント」を展開する株式会社デモクラシ。(本社:東京都目黒区、代表取締役:佐野章)との産学協同プロジェクトをカリキュラムに導入し、学生自らがアパートのスペースにてカフェを経営することで実践的なカフェ経営学を学ぶ環境を提供いたします。

1.実店舗でカフェ経営を学ぶ実践的なコースが2018年10月に開講

2018年に帝国データバンクが発表した内容によると、2017年の企業倒産件数は個人消費の伸び悩みや人手不足などを背景に飲食店などの倒産増加が顕著となりました。そのような厳しい環境でも人生の「次のステージ」としてカフェの起業を選ぶ人、とくに30代女性が多くいらっしゃいます。
レコールバンタン・キャリアカレッジではそのような女性のカフェ開業を応援する為に30代~40代をターゲットとした「カフェ経営実践コース」を2018年10月に開講することと致しました。
講師には「attic room」など数多くの人気カフェを手がける女性カフェプランナー 株式会社アティックプラニング取締役 五味美貴子氏を迎え、在学中から実店舗にてカフェ経営を行う実践的な教育を提供。女性のカフェ開業を応援していきます。

2.産学協同プロジェクト「リビングショッププログラム」をカリキュラムに導入

30代~40代のカフェ開業を目指す方の中には「現場経験がなく、自分の技術・知識が本当に活かせるかわからない」という悩みを抱え、学校に通いながら現場経験を積むことが出来るインターンシップ制度を希望する声を多く耳にします。
そこで、株式会社デモクラシ。が提供する「カスタムアパートメント」との産学協同プロジェクト「リビングショッププログラム」をカリキュラムに導入。カフェ開業における市場調査やテーマ設定、メニューの開発を行い、「カスタムアパートメント」に併設されたスペースにて、オリジナルのカフェを経営します。教室を飛び出し、カフェ(店舗)でお客様と向き合う事で、在学中からカフェ開業の苦悩や経営のリアルを学びます。

3.地域の交流スペース創出を目的とした、地域密着型のカフェを目指す

集客面が課題となりカフェ開業が難しい「カフェ空白地域」に。「リビングショッププログラム」として学生が経営するカフェをオープンすることで、周辺住民の集まる地域コミュニティーの拠点となることを目指します。期間限定のメニューやコンセプトショップをオープンする計画もあり、コミュニケーションが生まれる憩いの場所となるよう、授業の中で講師からアドバイスを受けながら学生自ら企画・立案していきます。

■ レコールバンタン「カフェ経営実践コース」の概要
開講場所:レコールバンタン キャリアカレッジ 東京校
対象: 社会人向け土日開催コース
通学期間:6ヶ月間 週1日コース
募集定員:15名
学費:58万円(税込、教材費別途)
HP:http://www.lecocare.jp/information/detail/834.php

引用元 https://www.atpress.ne.jp/news/160317

スケキヨ
カフェ経営憧れあるんですよねー
編集長OBK
稼ぎまくろうとか考えてるときついっていうけどね。その難しい業界の手ほどき講座か、さすがバンタンって感じ。
スケキヨ
実地演習は魅力的かも、厳しさもわかるだろうし。
編集長OBK
マーケティング・ブランディングも教えてくれそうだし、何より地域活性化の一矢となっている点が面白いと思った。