Shing02「44戒」に学ぶビジネスのポイント5つ

起業して経営者になったときから、あなたはビジネスというリングの中にいる。
はじめは手探りで方法論を考える必要があり、迷うことも多い。
ときには人のアドバイスに耳を傾けるのも良いが、全て鵜呑みにしてしまうと、自分がやりたいものの本質も見失いがちだ。
そんな時はそう「44戒」を聴くといい。

「44戒」とは、日本のHip HopアーティストShing02が、2002年に発表した楽曲のこと。
本作のリリックはアーティスト自らへの戒めであるが、リスナーにとっても生きるための道しるべになりうる。
迷ったとき、浮き足ったとき、落ち込んだときにとるべき行動のヒントを示してくれている。
それだけでも、起業家にとって聴く価値のあるトラックといえるだろう。

そしてこのリリックには、経営者が知っておくべきビジネスの“基本”が詰まっていることをご存知だろうか。

今回は、この「44戒」に学ぶビジネスの要点をいくつか紹介する。

1、
人間を学べ 入口を知れ 中を見ろ
 構造を学べ 出口を知れ 外を見ろ

カスタマージャーニー

起業をしたら基本的に顧客が現れる。顧客の満足度は、サービスの品質における重要な要素だ。なかでも、顧客があなたの作ったサービスを知り、代金を支払い、サービスを使い終わるまでの一連の流れを「カスタマージャーニー」という。一般的に、サービスにはこの設計が不可欠とされているが、「44戒」にも次のことが記されている。

・人間を学べ(顧客視点に立て)
・入口を知れ(サービスへの流入経路)
・中を見ろ(サービスの設計)
・構造を学べ(サービスの設計)
・出口を知れ(代金の支払い・サービスの終了)
・外を見ろ(その後の顧客の行動)

なんと、カスタマージャーニーの骨子となるキーワードが、2行のリリックに詰め込まれているではないか。
その後に続く2行では、マーケティング解析のことを示している。この冒頭を耳にし、shing02はマーケッターなのではないかと思いはじめた自分がいた。

2、社会を学べ 位置を知れ 周りを見ろ

ポジショニングマップ
多くの事業において、自社のサービスには競合がつきものである。競合とは何者か? 自分のサービスは太刀打ちできるのか? 競合の長所と短所、自分の優位点を確認するために用意するのが「ポジショニングマップ」だ。

・社会を学べ(リサーチ)
・位置を知れ(市場におけるサービスの需要)

・周りを見ろ(ポジショニングマップの作成)

そう、これもまた非常に重要なマーケティングの要素だ。ポジショニングマップを用意することで、ブランディングの切り口も見えてくる。あなたの優位点を前面に押し出したキャッチコピーを掲げて、業界における自社の立ち位置を確固たるものにしよう。

3、失敗に学べ 過ちを知れ 馬鹿を見ろ

PDCA
顧客獲得から納品、報酬までのサイクルが何回転もしてくると、一連の品質をどう上げて行くかが問われるようになってくる。そのブラッシュアップのためのフレームワークが「PDCA」だ。計画(PLAN)、実行(DO)、評価(CHECK)、改善(ACT)、この繰り返しで失敗を減らしながら成功への精度を高めていく。実行の結果失敗したら、その過ちを噛み締める。馬鹿な俺はなぜ失敗したのか、と。その経験こそが、次の計画と実行の質を高めるのだ。PDCAは、事業の運用の基本。「44戒」にならって、怠らないようにしたい。

4、問題を学べ 矛盾を知れ 盲点を見ろ

デザイン思考
デザイナーの方法論でビジネスを捉える「デザイン思考」では、ユーザー視点での問題再定義が必要とされる。
問題は常に明確であるとは限らない。
ユーザーの抱えている問題と、提供されているソリューションに齟齬や矛盾が発生していて、ケースも多々ある。
そんな時こそ問題が曖昧なときこそデザイン思考の出番であり、この方法論を効果的に取り入れることで、盲点となっていた本質が見えはじめるだろう。要するに、顧客の課題を注意深く俯瞰的に捉えることで、思わぬ盲点が顕在化することを「44戒」のリリックは示している。

5、表現を学べ 方法を知れ 大衆を見ろ

ブランディング/マーケティング
ざっくり言うと、大衆に向けて発信していく作業が「マーケティング」であり、イメージを浸透させていく作業が「ブランディング」。両者とも事業に欠かせない要素であり、切り離せないものだ。ブランディング手法とマーケティング手法は、どちらも表現における方法論。この両方が乖離していると、例えば「高級なものを大声張り上げて売っているから高級感を感じられない」といった事態に陥る。
逆に、双方ががっちりマッチしているとき、商材の持つ説得力は最大化するだろう。いずれにせよ、この両軸ともにターゲット分析は無くてはならないもの。「大衆を見ろ」というわけです。


いかがでしたでしょうか。普段何気なく聴いている音楽に、まさかビジネスの教訓が盛り込まれているとは知らなかったと思います。
私も知らなかった。要するに“音楽侮るなよ”ということ。起業した人びとにとって、ビジネス書も大事だけど、こういう要素のインプットも大事だと思う、って話。ピース。

岡崎龍夫

合同会社elegirl代表。
デザイナー・WEBエンジニア。