6億2000万円でWEBサイトをM&Aで売却したノウハウを起業家&投資家マッチングサイトで公開

ファウンダー株式会社は、前進である株式会社ユービジョンが運営していた業界特化型ポータルサイト「資金調達プロ」を、リリースから3年後の2018年1月に、東証一部上場企業に6億2000万円で売却した。そして、そのM&Aの実録を起業家と投資家を結ぶマッチングサイト「Founder」内で公開した。

【サイトM&A】30歳の私が運営歴3年のアフィリエイトサイトを6億2000万円で売却した全記録
found-er.com/president-column/1/

ファウンダー株式会社CEO 福田拓哉からのコメント

◇売却した実録を公開した理由

webサイトのM&Aもメジャーとなり、売却額数十億円の超高額ニュースも目にする様になりました。
しかし、この様な事例の“事業規模”や“金額”を見ると「夢」と感じる方が大多数だと思います。そこで、「あなたのWebビジネスを数億円で売る方法」とするとどうでしょう?多くの人が「達成の可能性があるのでは」と感じるのではないでしょうか。
億単位でWEBサイトを売却した記録は、今まで世の中に存在していません。そこで、スモールビジネスを行っている多くの起業家、IT、WEBサイト運営者に夢を与え、M&Aの本当のメリットを伝える事が出来るのでは無いかと感じ、今回公開へと踏み切る事にしました。

◇コラムから得られるメリット

「超高収益で10年以上生き残る価値のあるビジネスを作り、数億円で売却するのは、カンタン」という事が解ると思います。
サイトM&Aの相場は、一般的には収益の1~2年分と言われていますが、6億2000万円という金額は実は相場の3倍の値段です。M&AによるEXITを目指せるのはもちろん、相場より高値で売却するノウハウが身につくでしょう。
価値観や考え方、目標が変わり、起業家として一歩上のステージに行けるので、週末起業家として頑張る会社員の方へも良い刺激となると思います。
また、経営者の課題である「生産性を上げる」「経営者自身の時間を増やす」という事に関して、サイト運営3年間の「具体的にやった10の施策」を包み隠さず公開したので参考にして欲しいですね。

◇今後の展開

ビジネスで得られたものは、全て誰かに還元する事が大切です。
そこで、サイトM&Aを成功させたノウハウとサイト構築経験を生かし、WEBサービスやサイトを対象としたコンサルティングとM&A仲介サービスをスタートさせました。
わたしは、変化の激しい時代に対して柔軟でいるために「目標」は設定していません。
その時最も面白いと思えることを好きなだけ行って、結果を世の中へ還元する事で「循環を生みだす事」がわたくしの使命だと思っています。

引用元 https://www.atpress.ne.jp/news/159384

編集長OBK
情報商材っぽい見出しだとおもったけど、よんだらガチのノウハウだった。
no name
僕もただの商材の宣伝だと思ってました。
3年間運営したサイトの価値が6億2千万ってかなりすごい事ですよね。
編集長OBK
夢物語じゃない着実なロジックに裏付けられてる点がいいですね。説得力あるなー。どう?やれそう?
no name
僕がやれそうかというと、相当ハードル高く感じます。1つにモチベーションが保てるかなどもありますが。
編集長OBK
確信を持ち続けるって才能だよなー